JCDN うろうろ日記

うろうろとあっちに行ったりこっちに行ったりしながら日々考えていることを綴ります。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

今年もやってきました「踊りに行くぜ!!」スペシャル公演の季節到来!
今週末、土曜、日曜は伊丹アイホールでの公演が迫ってきました。

関西でも関東でも、最近海外公演モノも含め公演ラッシュですね。
財布も軽くなる一方でしょうが。。。是非、お待ちしておます。

You Tubuに上演作品の映像をUPしましたので、ご覧ください。

振返れば、昨年10-12月の3ヶ月間に、雪の北海道から南国の沖縄まで、
なんと19箇所での開催、41組もの作品を上演してきました。

上演場所は、小さな劇場から中ホール、そして1000人収容の大劇場の舞台上に、
舞台と客席を設えたり、いろんなタイプの“劇場”はもちろんのこと、
美術館内の展示スペースやエントランス、アーケード街のショップや、
巨大な魚市場まで、開催地それぞれの主催者が趣向を凝らし会場をアレンジ。
わが街”版「踊りに行くぜ!!」をつくりあげ開催してきました。
上演する場所が変われば、作品の見せ方、見え方も変わるもの。
<サイト(場所)×ダンス>のコラボレーションを18箇所で重ねてきたわけです。

作品の感想は好評だったり、いまいちだったり….
それぞれの開催地で観客の皆様のリアクションに触発を受け、時には叱咤激励を
受けながらも、切磋琢磨するダンスの旅を経験してきました。
このような巡回公演を終え、いよいよその中から“今が旬”の珠玉5作品を特別に、
スペシャルに、皆様に心を込めてお届けしたいと思います!!!!!!!!!


今年のラインアップは、ちょっと欲張りで盛りだくさん。
どうしてもご覧いただきたい作品がなんと5作品、予定上演時間は、休憩入れて2時間30分。
はっきりいって長丁場!
だけど、絶対飽きさせません。
観ないと損する内容間違いなし!どうぞご注目あれ↓


**1
関西では馴染みの深い j.a.m. Dance Thetre は、「踊りに行くぜ!!」初参加で初めて関西から飛び出たとか。
作品タイトルは、「tango」。ラテン語で触れるという意味らしい。
さて、どこまで触れて、触れられて……世界の果てまでいけるのかな。
ダンスがつくりだす世界は、
時として観る者の死生観も映し出すときがある

作品のラストであなたが観る世界はどんな光景だろうか。


**2
北村成美「パラシュュート」は、カムバックしげやん!の記念すべき集大成となるであろうソロ作品。
人類にとって飛ぶ!ことは、昔からの今だ果たせぬ夢。
しばしの間、空中にいるかのような上昇気流に乗って、しげダンスを体感できるチャンスです。
観たもの誰でもが元気をもらえるパワフルしげやんのダンスをキャッチしにGO。
でも、今回はそれだけじゃない。新たなしげダンスの魅力も堪能できるWチャンスをお楽しみに!


**3
ヨン様ことチョン・ヨンドゥ。静かな、そして、常にどう生きるのか、どう踊るのか?を自に問うている振付家。
お隣、韓国から踊りに来てもらいます。
何故って、アンコールの声がとても多かった作品だから。
共感できるダンスとは、舞台のダンサーの動きが知らない間に自分の身体に乗りうつり、
一緒に踊ってしまうようなダンスだ、って感じたことありませんか?
この作品は、ダンシーではないけれど「あー、これ。」と、作品の根底に流れている思想に共感できる、多くのジャックが客席に向けて繋がっているような作品です。
隣の国の、同時代を感じるダンスです。


**4
音楽家と振付家が、オリジナル作品を創作するJCDN作品創作シリーズ
<DANCE×MUSICI!vol.3>より2作品。
いま注目度の高い振付家・鈴木ユキオが、現代音楽家/バイオリニストの辺見康孝とコラボレーション。
振付家と音楽家の創作する時間のズレに苦しみながらも、
二人が辿り着いたテーマは、 愛と生。
プリミティヴなテーマ+身体+バイオリンが紡ぎだすダンスと音の世界が、どのように
私たちを魅了させてくれるのか。その発明を観てみたい。


**5
もうひとつは、yummydanceとトウヤマタケオ楽団、合わせて9名。
ライブだからこそのグルーブに乗って、これぞダンス!と音楽!の究極の醍醐味
お楽しみいただきたい!
人生山あり谷あり、ヤケになるときもある。
そんなとき、山/マウンテンにもう一度登る気力がほしければ、このダンスを観てほしい。
きっと魔法にかけられて、狐つきにあったように、現実を乗り越えられるかも。
そんな不思議なダンス冒険世界が待っています。


★そして、耳寄り情報。来春この2作品が“ビデオダンス”として生まれ変わり
DVDとして発売します。
新たに撮影・演出が加わったリメイク版です。舞台作品との違いを楽しむためにも、
是非、この機会にあなたの瞼に舞台の記憶を焼き付けておいて!


以上、5作品を上演します。
1食抜いてでも見る価値あり、っていうアレですよアレ
もっと情報をみたい方は、いますぐWebをチェックにきてください。
http://odorini.jcdn.org/ 

[伊丹] 会場:アイホール
 2009年2月21日(土)19:00、22日(日)15:00 

[東京] 会場:吉祥寺シアター
 2009年3月6日(金)19:30、7日(土)14:00


出演:
 北村成美/j.a.m.Dance Theatre/
 鈴木ユキオ[金魚]×辺見康孝(ヴァイオリン)/
 チョン・ヨンドゥ【from韓国】/
 yummydance×トウヤマタケオ楽団(キーボード、クラリネット、ベース、
                 パーカッション)


チケット:【前売】一般3000円・学生2500円 【当日】3500円

★ご予約は・・・メール jcdn@jcdn.org の他に、 
JCDNダンスリザーブ http://dance.jcdn.org/ 
JCDNダンスオンラインショップ http://www.jcdn.org/shop/ ※カード決済可
アイホール、武蔵野文化事業団 電話でも受付。






<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://jcdn.jugem.jp/trackback/157

TrackBacks: